おすすめの戦国時代マンガ センゴクの面白さとおすすめポイントについて

漫画 雑記

おすすめ戦国マンガの「センゴク」について、紹介させて頂きます!
最近はファンタジーやフィクションを織り交ぜた戦国時代物のマンガが多いですが、センゴクは史実に沿って、作者の方なりの解釈を加えて描かれる正統派な戦国時代マンガです!
また画力も非常に高くどんどん世界観に引き込まれます。何か戦国時代のマンガ読みたいな、という方は是非是非読んでみてください!
武士

センゴク概要

物語の主人公は美濃・斎藤家の家臣だった仙石権兵衛秀久です。その後、部下として織田家中に迎え入れられ、秀吉の元で悪戦苦闘をしながら大名にまで登り詰めますが、ある失敗をしてしまい、浪人となります。ただそこから挽回を行い、大名に返り咲いていく物語です。

このマンガが連載されるまで、権兵衛はそこまでメジャーな武将ではなかったと思いますが、金ヶ崎の戦い、三方ヶ原の戦い、長篠の戦い、手取り側の戦い、戸次川の戦い、小田原攻めなどなど、大きな戦に参戦しており、権兵衛目線で描かれる戦描写は緊迫感が伝わってきてハラハラドキドキとさせられます。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑はもちろん、武田信玄、上杉謙信、明智光秀、島津家久などの武将も登場しますので、権兵衛中心に描きつつも、各将のありようも丁寧に描写されています。

センゴク内容詳細

センゴクは大きな節目ごとにタイトルを一部変更しています。

センゴク 全15巻

美濃・斎藤家家臣だった権兵衛(15歳)が織田信長に見いだされ豊臣秀吉の与力となり、金ヶ崎の戦い、姉川の戦い、三方ヶ原の戦い、一乗谷城の戦いから浅井家の滅亡までが描かれています。
一兵卒にすぎない権兵衛が最前線で戦う姿が描かれます。死線を何度も切り抜けていく権兵衛に注目です!

筆者の一押しは三方ヶ原の戦いです!武田家強すぎます。。史実でも実際に強かったと思うのですが、センゴクで描かれている武田家のかっこよさ、威厳は素晴らしいです。絶望感しかありませんでした。。後々に繋がっていく、権兵衛と家康の関係が始まる瞬間でもありますので、注目の戦になります。

センゴク天正記 全15巻

権兵衛自身も家臣団を形成し、一向一揆や長篠の戦い、雑賀城攻め、手取り側の戦い、中国攻め、甲州征伐による武田家の滅亡までが描かれています。
部下を持つとまどいと喜びを感じながら成長していく権兵衛に注目です!

筆者の一押しは長篠の戦いと手取り川の戦いです!
長篠の戦いは信玄亡き後の武田家VS織田・徳川連合軍の戦が描かれます。信玄亡き後も武田家は強かったですが、織田家も着実に成長し、武田家を破ります。散々武田家の脅威にさらされてきた織田家が武田家をついに超えた瞬間に注目です!

また手取り川の戦いでは上杉謙信VS柴田勝家が描かれます。柴田勝家も有力な武将ではありますが、謙信は流石の強さです。。一司令官でしかない勝家が上杉家と相対さないといけない難しい局面に注目です!

センゴク一統記 全15巻

中国遠征の備中攻めから始まり、高松城攻め、本能寺の変、山崎の戦い、賤ケ岳の戦い、小牧・長久手の戦いを描いています。
秀吉がどんどん出世しいき、話がどんどん大きくなっていくため権兵衛だけではなく、秀吉の動向にも要注目です!

筆者の一押しは本能寺の変から山崎の戦いまでの流れです。本能寺の変の原因は明確に明らかになっていない中、作者の方なりの考察は大変興味深かったです。

センゴク権兵衛

九州征討から始まり、戸次川の戦いでの敗戦による権兵衛の没落、小田原での再起、豊臣政権の権力争い、石川五右衛門捕縛、朝鮮出兵、などが描かれます。

筆者の一押しは戸次川の戦いです!恐らく権兵衛の名が知られるきっかけはこの戦いでの敗北になるかと思います。どうして負け戦になってしまったのか、その後、この大失敗からどのように挽回していくのか、物語の核心に関係する章になります。

既に連載していたヤングマガジンでは完結済みで、コミックスは2022年5月に27巻が発売予定で、完結するようです。

おすすめポイント

1. マイナー武将が主人公
仙石権兵衛秀久というマイナーな武将が主人公なのがいいと思います!メジャーな武将が主人公な作品に飽きてしまった方などは新鮮な面白さに出会えると思います!
一兵卒から大名になり、失敗を犯し浪人となり、また大名に返り咲く、波乱万丈な人生に面白さを感じると思います。

2. リアルな戦闘描写
戦いのシーンでは、作者なりの考察を交え、リアリティをもって描かれています。戦の過酷さ、戦術など丁寧に描かれています!
当然ではありますが、信長も秀吉も家康も何度も死線を潜り抜けて大きく成長していったのだな、というのを改めて認識させられます。

3. 敵勢力が魅力的
信長や秀吉のライバルが魅力的に描かれている点もおすすめです。
武田家、上杉家、毛利家、島津家などなどのメジャーどころはもちろん、本願寺なども丁寧に描かれており、それぞれの武将に感情移入をしてしまいます。

まとめ

戦国時代マンガを読みたいと思っている方は是非ご一読ください。歴史好きな方はハマること間違いなしだと思います!
英雄の影で命がけで戦っていた侍の生きざまにご注目ください!

新選組好き男女におすすめなマンガ 風光るを是非読んでほしい
今回は筆者が大好きな新選組を題材にした漫画「風光る」をご紹介します! 数々の新選組を題材としたマンガがありますが、男女...
タイトルとURLをコピーしました