【アメリカ株に不穏な気配、、】2022年1月のアメリカ株の結果発表

アメリカ株 資産運用

今回もゆっくりのんびりブログをご覧いただき誠にありがとうございます!
アメリカ株に不穏な気配を感じますね。ダウ平均も暴落したと思ったら反発したり、というような感じですね。テレビやネットの情報をみてみると下記2点が原因として考えられるようですね。

2022年1月の主な出来事

1.米FRBによる金利引き上げの予測
2.ウクライナ情勢の緊迫

1.について、アメリカではインフレが過熱しており、それを抑えるためにも金利引き上げ、大規模な量的緩和の政策から金融正常化に動くようですね。これによって、近年お金アマの影響でイケイケ相場であったアメリカ株も小さくない影響を受けることが懸念されております。実際1月にもダウが大きく値を下げることがありました。1月は結局一旦反発をして暴落とはなりませんでしたが、1,000ドル下がるだけでもやはりメンタル的にはつらかったですね。
でもアメリカ株投資に詳しい方の中には、あんなものはまだまだ下落のうちには入らず、調整ですらないとおっしゃっていた方もあり、今後さらなる下落に注意していきたいところです。大幅に下落した局面では勇気をもって買い増しをできるようにキャッシュ比率を上げておくようにします。

2について、こちらについではなんとか対話での平和的な解決を望むばかりです。状況によっては世界が大混乱に陥ると思いますので、無事解決されることを切に期待しています。

それでは、2022年1月のアメリカ株の運用成績を発表いたします!

まずは購入した銘柄は下記になります。

2022年1月の購入銘柄

取引履歴

今月は2銘柄を購入しています。
まずバンガード S&P 500 ETF(VOO)について、こちらは毎月積立てると決めている銘柄のため、今月も1株追加しました。VOOも株高の影響でだいぶ高額になってきてますね。今後、下落局面がきた場合もしっかり積立を意識していきたいところです。

次にマイクロソフトについて、言わずと知れた世界的な大企業ですね。前から買いたいと思っていたこともあり、下落した局面で2株だけ買ってみました。基本的には長期で保有し続けていきたいと思っておりますが、今後の金利上昇によっては更なる下落が見込まれるため、含み損になってもしっかり保有できるか心配なところではあります。笑
でも、マイクロソフトがつまずく未来はみえず、今後も最先端な企業であり続けると思っておりますので、アメリカ経済が成長するにつれて更にマイクロソフト株も上がっていくことを期待しています。

続いては現在の保有状況を発表いたします。

2022年1月の保有状況

アメリカ株所有状況①

アメリカ株所有状況②

保有状況:1,194,093円(+148,574円)
円安の影響もあるかとは思いますが、しっかりプラスになっていてありがたいです。引き続きパランティアは絶賛含み損中ですね。IT株離れが進んでいますので、今後もなかなか再浮上まで時間はかかるかもしれないですが、引き続き保有はしておこうと思っています。
またベライゾンとVOOについても含み損ギリギリのラインのため、今後の世界情勢次第では含み損への突入していきそうです。ただVOOはアメリカを信じてひたすら積立用と思っていますし、ベライゾンについてはバフェットさんも保有している銘柄ですので、こちらも信じて長期保有を頑張りたいと思っています。通信関係の事業を行っており、大事な社会インフラを担っている会社ですので、今後の上昇に期待しています。

以上、2022年1月のアメリカ株の投資実績を発表させて頂きました!
金利上昇での株価下落はある程度しょうがないですが、ウクライナを巡る情勢での下落はなんとか避けてほしいところですね。

2022年1月の日本株・投資信託の投資実績は下記をご覧ください。

    https://nombiri-yukkuri.com/crash-start/

今回もブログをご覧いただきありがとうございます。今後ものんびりゆっくりお金を育てていきたいと思います。私の情報が少しでも皆様のお役に立てることができれば光栄です。
今後とも、よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました