20代男性が選ぶ嵐の名曲ランキングTOP5

嵐 雑記

SMAPと並ぶ日本を代表するアイドルグループである「嵐」の名曲をご紹介します。

大人気のアイドルグループで、多くの方が一度は曲を聴いたことがあるかと思います。

筆者は姉の影響で嵐を聴き始め、今でも日常的に聴いています。

今回はそんな筆者が独断で決めさせていただいた名曲ベスト5を発表いたします!

筆者が勝手に決めたランキングですので、あくまでもご参考までに!

嵐を聴いたことがない方は聴くきっかけに、聴いたことがある方は改めて嵐の曲を聴くきかっけとなれば幸いです。

それでは第5位から発表いたします!

歌手

5位 迷宮ラブソング

2011年発売されたシングル曲で櫻井翔主演の「謎解きはディナーのあとで」の主題歌でした。

明るい曲調でどんな場面にも合う曲で、結婚式の2次会などで歌って盛り上がると思います。

大事な人とお互いを理解しあい、共に歩いていこう!というような曲になっています!

4位 ワイルド アット ハート

2012年に発売されたシングル曲で松本潤主演ドラマの「ラッキーセブン」の主題歌でした。

こちらも明るい曲調の曲となっており、旅立つ人への応援歌となっています。

一度きりの人生自分らしく楽しく生きていこう、過去は変えられないし、未来はわからないけれど今を全力で生きよう、というよう歌詞で、大変勇気付けられます。

何かチャレンジすることに迷った時や失敗をしてしまった時など、背中を押してくれる応援歌だと思います。

出勤前や試験の前などに筆者は聴いています!

3位 サクラ咲ケ

2005年に発売されたシングル曲です。

受験生への応援曲として話題になった曲ですので、多くの方が聴いたことがある曲だと思います!

努力次第で未来は変えられる、過去を振り返っても答えはない、前を向いて夢を叶えよう、

というような歌詞で、夢を追いかける人達を応援してくれる曲です。

夢を叶えるには努力は必要だし、道を迷う時もあるけど、叶えたい夢があるのならば、努力をしなきゃいけないな、と思わされます。

何か道に迷った時に聴いてほしい一曲です!

2位 The Music Never Ends

2020年に発売された活動休止前の最後のラストアルバム「This is 嵐」に収録されているアルバム曲です。

活動休止前の曲とだけあって、嵐自信とファンに向けて作られたような曲となっています。

歌詞もファンに寄り添った曲になっており、感動的な曲になっています。

嵐とファンだけの関係だけではなく、友達同士や仕事仲間同士、家族などと置き換えて聴くこともできると思います。

一緒に頑張ってきた日々ややり遂げたことをいつまでも胸に秘めながら、新しいステージへ一緒に進んでいこうという悲しい曲調のなかにも前向きなメッセージが込めれている曲です。

一人夜道で聴いているとジーンとくる曲です!

1位 ファイトソング

2007に発売された「Love so sweet」の限定版に収録されていた曲のようですが、ファン人気も高く、その後ベストアルバムなどにも収録がされています。

作曲:二宮和也 作詞:嵐となっており、まさに嵐らしいストレートな応援歌となっています!

筆者はたまたまこの曲を聴く機会があり、いい曲過ぎて毎日聴いていた時もありました。

今でも定期的に聴いており、いい曲がたくさんある中で、筆者は嵐で一番好きな曲です。

大変なこともあるけれど、一歩踏み出していこう!頑張れ!という曲になっており、とてもとても背中が押される曲になっています。

何か新しいことを始めようとしている時やモヤモヤしている時など、この曲を聴くことで一歩踏み出してみようという気持ちになるかと思います!

聴いたことがない方は是非聴いてみて頂けると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました